スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死闘の果てに・・killer7、最終回!



killer7に一つの区切りがつきました。そう、初見実況最終回です。

最後の最後にまさかの究極の選択が用意されていました。
さてさて、みなさんならどちらを選んだでしょう?

副読本を読み更に2周終了した今でも初見実況の時の選択と私の気持ちは変わりません。
この物語の謎は探れば探るほど深みにハマって疑問が増える。もう抜け出せない。
おそらく須田さんの頭の中を開けてみたとしても全てを把握することはできないだろう。

ゲーム内で語られている物語の要素は実は氷山の一角でその他の部分が沢山副読本に書かれておりました。
本の帯にはこう記されています。

「93の虚構と7の真実。ゲームもゲームなら、本も本。知らないことしか、載ってない。
読めば分からない。読めば読むほど、分からない。
大・混・乱!killer7の副読本だべ。」

・・正にその通り。
でもね、話の全容なんて実は分からなくったっていい。私はもっとkiller7についての情報に溺れていたいのだよ!

それくらいハマってしまいました。
もし私が学生時代にこのゲームと出会っていたら当時没頭していたアングラ演劇なんかうっちゃってグラスホッパーの社員になろうと画策していたに違いない!絶対なれないけどw

今私が言えるのはこのゲームに出会えて、プレイする事ができて心からよかったということです。
星の数ほどあるゲームの中で今までやったゲームはそんなに多くないと思うけど、その中でも極めて暗く輝く別格のゲームです。
まるで脳みそをグルグルと縄で縛られてそのままkiller7に引っ張られている。そんな感じ。
とにかくここまで脳みそをかき回し、スタイリッシュな演出でノックアウトさせてくれた作品はありません。

今までやったゲームの何倍もある積みゲー(罪ゲー)の中にもこれに匹敵するような作品はないんじゃないかとうっすらと確信しています。

そんな私はもうしばらくこの世界観に囚われているだろう。いや、囚われていたい。
最高です。本当にこの作品を宝物にしたいと思います。

なかなか攻略に癖のある作品で、クリアできないんじゃないかという思いにずっと悩まされていました。
でもなんとかクリアできました。この場を借りて、一度でも私のkikker7を見てくださった方々と応援してくださった皆様にお礼を言わせてください。
ありがとうございました!!!!!!!我はkiller7の名のもとに・・

さてさて、前回の記事でも言いました通り金曜日の夜に打ち上げ生放送考察編を開催します。
やっぱりさ、文字で表現するにはkiller7への私の思い入れが狂い咲きサンダーロードなんですわ!足りないにも程があるの!なので金曜日は思いっきりしゃべってしゃべってしゃべり切る勢いで臨みたいと思います。

あ、乾杯しますので皆様お飲み物をご用意くださいね(*ゝω・*)楽しみだなぁ!

それでは準備出来次第のUPとなりますが次回作でお会いしましょう。引き続き応援の程よろしくお願い致しますm(_ _)m

スポンサーサイト

プロフィール

mabatakist

Author:mabatakist
イラッシャイマセ~♪

貴方の人生の幕間にチョコット足を運んで下さればと思い立ち上げました。

お気軽にコメント下さいヾ(゚ω゚)ノ゛

私が実況をする理由についてはカテゴリの「徒然草」をクリック。
かなりクサいこと言ってますが、おおむね外れてはいないかと。
連絡用アドレス
kairakunomabataki
@yahoo.co.jp

コミュニティ

コミュニティー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

つぶやき

フォローミィ!検索はmabatakistで♪

よろしくねd(*ゝωб*)

動画:ichirei 動画:tewo_furu 動画:tameiki

RSSリンクの表示

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2カウンター

あなたは

うp作品達

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。